初回利用設定(配信元メールアドレス設定~DNS認証)の手順

こちらのページでは、メール配信機能のご利用開始に必要な初回利用設定をご案内します。

■はじめに

初回利用設定へお進みいただく前に、下記の点についてご確認いただきますようお願い致します。

初回利用設定は管理者権限をもつメンバーのみ操作可能です

初回利用設定を行う際には、管理者権限をもつメンバーに限定させていただいております。

(一般権限の場合、初回利用設定画面は表示されません)

メンバーの権限(一般/管理者)に関する詳細についてはこちらをご参照ください。

配信元メールアドレスは1アカウントにつき、1メールアドレスのみ登録可能です

一つのアカウントに対して、配信元メールアドレスを複数登録することはできません。

複数のメールアドレスを用いてメールを配信したい場合には、その都度、配信元メールアドレスを変更いただく必要がございます。

配信元メールアドレスの変更についてはこちらをご参照ください。

<配信元メールアドレスのおける補足事項>

複数アカウントにおいて、同一メールアドレスを【配信元メールアドレス】として登録することはできません。

複数アカウントにおいて、配信元メールアドレスを登録したい場合には、それぞれメールアドレスをご用意いただく必要がございます。

 

※ 同一ドメインのメールアドレスについては登録可能です。

有料プランAでは「sales@baseconnect.in」を登録、

有料プランBでは「marketing@baseconnect.in」を登録、

など各アカウントのおいて、同一ドメインのメールアドレスを配信元メールアドレスとして登録することは可能となっています。


 

■初回利用設定の必要性と流れ 

メール配信機能をご利用いただくための初回利用設定は、配信するメールがなりすましによる迷惑メールと判定される可能性を低くするためのご設定です。

Musubuでは、配信元メールアドレスの登録DNS認証が完了した時点で、メール配信機能をご利用いただけます。

一部のメールサーバの設定やプランによってはメール配信機能をご利用いただけない場合がございます。
(メール配信機能をご利用いただけない場合の返金は致しかねます。)

詳細確認をご希望の場合には、Musubuサービス画面にございますチャットにてお問い合わせくださいませ。

【1】 配信元メールアドレスの登録

メール配信時に配信元メールアドレス(From)として設定されるメールアドレスを登録します。
メールアドレスの登録後、設定された配信元メールアドレスに、確認用URLが届きますので、有効期限内にクリックし、配信元メールアドレスの登録を完了させて下さい。

【2】DNS認証の設定

配信元メールアドレスのドメイン(メールアドレスの@以下の部分)の認証を行うために、お客様のドメインが管理されているDNSサーバへの設定が必要です。

【3】 DNS認証のチェック(有効化)

追加いただいたDNS情報が正しく設定されているか確認し、DNS認証を有効化します。

DNS(Domain Name System)とは

DNSとはインターネット上でドメイン名を管理・運用するために開発されたシステムです。具体的には、名前解決(ドメイン名とIPアドレスを結び付ける処理)を目的としています。


 

■初回利用設定の手順

メール配信機能の初回利用設定は、このページでご案内します。

STEP1 配信元メールアドレス(Fromとなるアドレス)の設定

配信元メールアドレスの設定の入力フォームに、任意の配信元として設定するメールアドレス(Fromとなるアドレス)を入力するため、「配信元(From)に設定するアドレス」の文字の下にございます、下線部にマウスカーソルをあわせて下さい。

すると、緑色の鉛筆マークが表示されますので、そちらに「配信元(From)に設定するアドレス」を入力し、「確認メールを送信する」をクリックして下さい。

配信元に設定したメールアドレス宛に、以下のような確認メールが送信されます。

※確認メールが届かない場合は、恐れ入りますが迷惑メールボックス等もご確認下さい

確認メールの【確認用URL】を、有効期限内にクリックしていただき、配信元メールアドレスの登録を完了させて下さい。

注意事項

  • 配信元メールアドレスには@gmail.com などのフリーメールアドレスはご利用いただけません。 
  • 配信元メールアドレス設定/変更の際はメールアドレスの認証が必要となります。
  • @以下のドメインが異なる配信元メールアドレスに変更される場合、再度のDNS設定が必要となります。

STEP2 DNS認証の設定

1.DNSサーバに設定する内容を確認する

STEP1の、配信元メールアドレスの設定が完了すると、DNSサーバに設定していただく情報が表示されます。(=DNSサーバに設定するCNAMEの情報が3件表示されます。)

設定値が表示されない場合は配信元メールアドレスのドメインに問題がある可能性がございますので、お手数ですが、チャットまたはsales@baseconnect.inにてお問い合わせ下さい。

CNAME

 

CNAMEとは

DNSを正常に動作させるには、「DNSレコード」と呼ばれる設定情報の記述が必要です。DNSレコード」のうち、「CNAMEレコード」とは、ドメインやホスト名の別名を定義するためのレコードです。

2.ご利用のDNSサーバへの設定

ご利用のドメインホスティングサービスによって、設定方法が異なります。CNAMEレコードの追加方法は各社のマニュアルをご確認ください。

※ご利用のDNSサーバにログインしていただく必要があるため、ログイン情報を把握されている方、ログイン権限をお持ちの方にご依頼下さい。
※情報システムご担当者様やネットワーク設定を行われた方にご相談いただきますとスムーズかと存じます。

3. ご利用のDNSサーバへの設定追加

DNSサーバに、STEP2の1. でご確認いただいた、3つのCNAMEレコードを追加してください。
設定値には「TYPE」「HOST」「DATA」がございます。

ドメインホスティングサービス各社の設定画面の対応する設定値を入力してください。
Musubuの画面に表示されている設定値の他に、TTL(レコード情報の有効時間)の設定がある場合がございます。こちらも、各社のマニュアルに従って設定して下さい。

STEP3 DNS認証のチェック(有効化)

正しくSTEP1〜STEP2 の設定が行われていた場合、数時間〜48時間程度で、DNS認証が完了します。

STEP2の実施から数時間経過後に、画面上の「STEP3 メール利用設定の完了」の枠内にございます「DNS認証のチェック(有効化)」のボタンをクリックし、お客様のDNSサーバに正しくCNAMEレコードが追加されていることをご確認下さい。

スクリーンショット 2021-09-07 21.18.37

問題なく設定が完了しておりましたら、上記のボタンをクリック後、以下の表示となります。

スクリーンショット 2021-09-07 22.07.50-1

上記の表示になりましたら、メール利用設定が完了となります。

DNS認証のチェック(有効化)時の注意事項

  • DNSレコードの設定反映に最大48時間程度かかる場合がございます。STEP2 の手順の後、数時間経過してから「DNS認証のチェック(有効化)」ボタンをクリックしても有効化されない場合は、恐れ入りますが、再度数時間あけた後に、改めて「DNS認証のチェック(有効化)」ボタンのクリックをお試し下さい。
  • 48時間経過しても有効化できない場合は、DNSの設定に誤りがある可能性がございますので、DNSサーバのCNAMEレコードに設定値が正しく設定されているかをご確認下さい。

     


    DNS認証のチェック(有効化)が完了しない場合のトラブルシューティング

    【CASE1】設定したDNSレコードに誤りがある
    ご設定いただいたDNSレコード(CNAMEレコード)に誤りがある可能性がございます。DNSレコードの登録内容を確認下さい。

    【CASE2】DNSレコードのドメインが自動的に変換される
    レジストラによっては、DNSレコードの末尾にトップレベルドメインを自動的に付加するものがあります。例えば、CNAMEレコードに"email.domain.com" のドメインを登録した場合、自動的に"email.domain.com" 変換されるようなケースです。DNSレコードを追加する際は既存のレコードの規則に従ってください。

    【CASE3】レジストラでアンダースコア( _ )が使えない
    DNS認証で生成されるDNSレコードにはアンダースコア( _ ) を含みますが、ご利用のレジストラによっては、ゾーンファイルでアンダースコア( _ ) を使えない場合があります。お客様がドメインを取得したレジストラにより、Musubuのメール配信機能をご利用いただけない場合がございます。

     

    【CASE4】DNS設定の箇所が異なっている
    ご契約のドメインホスティングサービスとメールサーバーに、ネームサーバーの向きを確認し、設定箇所に誤りがないかを確認いただくことで解決する場合がございます。

    ※レジストラとは…
    新しいドメイン情報の申請を受付け、ドメインを管理するDBに登録する事業者です。レジストラが直接ドメインを販売している場合と、レジストラの代理店がドメインを販売している場合がありますので、詳細はご利用のドメインホスティングサービス各社にお問い合わせください。